ひめとの秘め事&あっぱれ!!アーちゃんず


猫好き、旅好き、趣味大好きなwingcatが綴る和み系ダイアリー
by wingcat630
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

陶猫

知人がフクロウの蚊取り線香入れを使っていて
それを見て猫の蚊取り線香入れを作りたくなった。
夏前から作っていたのだが、8月は丸一月教室がお休みだったから
焼き上がったのは秋。。。。トホホ。
黒猫さんだけmoomamaさんの窯で焼いていただいたので
夏前に出来上がっていたのだけど、良い仕上がりだったから(自画自賛?!)
使うのをためらってしまった。
と言うより我が家あまり蚊が来なかったんです。マンションだし。
これを作ってた頃はまだひめが近くにいたな。。。

まあ、蚊取り線香じゃなくてもお香をたいてもいいし
キャンドルを入れてもいいし。使い用はなんでも大丈夫なはず。
基本的に猫&灯り&癒しがテーマの陶芸。
はじめてかれこれ7年近くなる。
私の作品は大きいものが多いので部屋が猫だらけ。
今は生きてるにゃんこさんがいないので
この子たちとしばらく暮らしていきましょう。

そして猫友と猫展をやる事を目標にこれからも楽しく続けたいな。

b0058956_1883589.jpg

白猫さん (前)
b0058956_189561.jpg

白猫さん (後)
b0058956_1892915.jpg

黒猫さん(前)
b0058956_1894817.jpg

黒猫さん(後)
b0058956_1810633.jpg

ミックス猫さん(前)
b0058956_18102365.jpg

ミックス猫さん(斜め)
[PR]
by wingcat630 | 2006-09-30 18:15 | 陶芸

天へ〜七七忌〜

早いのか。長いのか。
ひめとお別れしてもう49日。
人間で言えば今生と別れ、まさに魂となる日。
こじんまりとした棚に収まった、bee、ひこ、ひめ。
違った形のキャットタワーになった。

昨日からプレ四十九日を続けている。
いつもお世話になってるmoomamaさんや
ひめをこよなく愛してくれたれこりんさんとご近所ランチ。
ひめとの日々や、あれから今までを話したり
れこりんさんの新しい家族のかわいい写真を見たり。
moomamaさんとは猫づくりの会の決起集会的な談義も交わし。

今日は陶芸の猫友のhalcohalさんが
ひめにお花を手向けてくれた。
かわいらしく華やかな赤いお花。
私も今日はひめに真っ赤なダリアを買ってきた。
やっぱり、ひめには華やかな感じが似合う。

こんな風に四十九日がきて
こんな風に時を過ごしてる事
あの頃は想像しなかったけど。。。
たった49日と想えない程、時間が経ってしまったように感じる。
それぐらい「猫」不在の生活が長く続いてしまったかのように。

でも、今日は涙は流さなかった。
それよりも、ひめがちゃんと天に昇ったことを嬉しく想えるようになった。
きっとこれが時薬なのだろう。

今は、walkingをしながらあちらこちらの猫さんにご挨拶まわり。
数年前の生活に逆戻り。
極度のペットロスに陥ってしまったから
猫を再び抱き上げるのにすごく時間がかかった事を覚えている。
今は。。。まだやっぱりご挨拶程度。
一定の距離を保ちながらアイコンタクトで心を癒している。
顔なじみになる頃、仲良しになれるかな。

ここ数日で、お仲間の猫さんたちが天へ昇ったという話しを聞く。
気圧の変化、暑さや寒さは老猫には想った以上に厳しい。
しかし、どの子も愛情一杯注がれ、魂と魂の触れ合いを存分に経験し
その生を終えた素晴らしい幕だったという。

やっぱり、老猫は愛しい。
もちろん元気な若猫さんや赤ちゃんにゃんこも
かわいいけれど。
あの老猫のまったりとした視線や
達観したものごしは、一度ご一緒した身としては
表現しがたい愛おしさを感じて止まない。
また、いつか暮らせる日が来るといいと想う。
それまでは、この腕に残ったぬくもりを反芻しながら
「猫づくり」に励みたい。
仕事とはまた違ったライフワークとして。


b0058956_2013256.jpg

[PR]
by wingcat630 | 2006-09-22 20:03 | ひこ・ひめ・bee

帰郷

連休の旅行♪と言いたい所だけど
仕事も詰まっていたので旅行とまではいかず。。。
でも、なんとか空けた時間を使い
主人の本家へお墓参りへ。

東京育ちの私には田舎がないから
主人の実家や育った街へ行くのがが楽しみ。
まあ、思い立ってすぐ行けてしまうという
ひめがいない現実は未だに淋しいけれど。。。

ちょっとした遠出。
先日は海だったけど、今度は山。
もう、稲刈りの時期なんですね。

b0058956_2138834.jpg


別の旅行から帰宅途中の彼の両親とも合流して本家へ宿泊。
田舎の家は本当に広くて羨ましい。
食べ物も私の大好物ばかり。
お肉やお魚が無くても生きていけるなぁと
とれたてのトマトやレタス、
葡萄、無花果の味の濃さ味わう。
「そこで穫れたもの」は喜びとなりそして生きる糧として
大切に大切に育む力となるのでしょうね。

翌朝私も葡萄を穫りに庭へ出てみた。
早朝に降った雨に濡れたマスカット。
みずみずしいさわやかな薫り。
その場で口の中へ放り込む。
やさしい甘さが広がる。

b0058956_2211994.jpg


「自宅用だからあまりかっこ良くないけどねぇ、味はいいよ〜」
とおばさんが真っ黒に日焼けしたくしゃくしゃの顔で笑う。

そして畑に花を摘みに行き
野花を持ってお墓参り。

今まで体験した事の無い日本の原風景のようなそんな1日。

慌ただしく東京に戻り
いつものように仕事をはじめたけれど
途中で頂いた葡萄を一口含むと
不思議と疲れから解放され、暖かい気持ちになれる。

また、時間が空いたら
あの風景に逢いに行こう。
[PR]
by wingcat630 | 2006-09-19 22:14 | nekotabi

ひめの贈り物。

b0058956_2394578.jpg


今日でひめとおわかれしてひと月。
早いような。。。遠い昔のような。。。
時間という概念がこのひと月は確実に狂っていたように思う。
でも、この体内の時計も月日と共に徐々に秒針を合わせ
またいつもと同じ時を刻むのだろう。
人間はやっぱり強い。


8/31
自宅のポストを覗くと1冊の本が届いていた。
どうぶつ出版から出版された「老猫さんの医食住」。

猫と暮らす前から大好きで購読していた「猫の手帖」
猫雑誌界では老舗中の老舗の雑誌。
以前ひめと私はこちらで取材を受けた事があった。
この出来事は自分の仕事が通過するよりも嬉しい事で
その当時は恥ずかしながら親類縁者みんなに宣伝したりしていた。
所謂親ばかという奴だ。

今回の本は、その時の取材で撮って頂いた写真が幾つか掲載されている。
開いた瞬間、嬉しさと何とも言えない気持ちでまた目頭が熱くなった。
そしてそっと本を遺影の前に飾った。

老猫会のmoomamaさんのコラムをはじめ、お仲間の猫さんの写真も満載。
私にとっては間違いなく宝物の本。

内容も通り一遍の猫本とは違い
猫の手帖で取材された徹底したソースが盛り込まれ、充実した内容になっていた。
この本ならば人に勧められる。

猫のいない生活をしている私の本棚に
老猫を飼うための実践本が1冊。
でも、これはひめからの最後の贈り物。
たいせつにたいせつに、時々読みかえそう。


b0058956_2335339.jpg

[PR]
by wingcat630 | 2006-09-05 23:44 | ひこ・ひめ・bee

虹の橋〜四七忌〜

9月1日
この日はひめの四七忌にあたる。
一通りの締め切りが終わり突然時間が空いた。
身体と心の疲弊も限界の段階にきていたので、
温泉にでも行こうかと予約をしに行ったが、目当ての宿はやはり満室。

ならばと、ずっと不義理をしていた主人の実家へ帰省しようと
電車に飛び乗った。
ひめたちがいた頃、盆暮れ正月の日帰りでのご挨拶ばかりだったので
今回はちょっとゆっくり滞在しようと計画。

実家に着く前に日帰り温泉に立ち寄り
久々にゆっくりお湯につかった。
雨のそぼ降る中露天につかり、雨音と波音を聴きながらこの夏を振り返る。

水に触れていると不思議と浄化作用なのか、
「ふっ」と心のトーンがひとつクリアになったような感じがした。

そして、夕方。
実家着いた時、降っていた雨が上がり
眩しいくらいの夕日に反射した七色の虹に遭遇する。
b0058956_1343486.jpg


「虹の橋」…。ひめやひこやbeeが私達に逢いに来てくれたんだ。。。
「今までいろいろありがとうね。。。」と言われたような、そんな気がした。
主人と2人、その虹が消えるまでずっと空を見上げていた。

翌日、ドライブを兼ねて海へ行く。
秋の太平洋は人影も疎らだったが、
地中海の青空を思わせるような快晴と綺麗な海で
再び私達の心は浄化された。

b0058956_13435772.jpg


沢山の親孝行も出来て
私達も再び鋭気を養い、新たな旅立ちが出来そうな3日間だった。

明日でひめを亡くしてひと月。
やっと少しだけ前に進めそうだ。
[PR]
by wingcat630 | 2006-09-04 13:53 | ひこ・ひめ・bee
おしらせ
福島から人間家族を探しにやってきました!
かわいく、元気な福島っこ!
よろしくお願いします。

b0058956_21242664.jpg




b0058956_5483634.jpg

十猫十色チャリティ猫だらけ展開催のお知らせ

期間
2011年11月18日(金)〜11月20日

時間
18日(金)午後2時〜7時
19日(土)午後11時〜7時
20日(日)午後11時〜6時半

場所
零∞(ゼロハチ)
中央区銀座2−2−18 西欧ビル8F


十猫十色チャリティ猫だらけ展HP

福島から人間家族を探しにやってきました
かわいく、元気な福島っこ!
よろしくお願いします。



東北地震犬猫レスキュー.com




b0058956_10183970.jpg


b0058956_10211947.jpg










クリックで救える命がある。

いつでも里親募集中


b0058956_024126.gif

第3回十猫十色猫だらけ展
開催のお知らせ

2010年11月3日〜7日まで
目黒「やさしい予感」にて
開催します。

十猫十色猫だらけ展HP



猫友ブログ
ショップリスト

老猫介護…むーちゃんの場合
まみむめ…も
水頭症の猫、桃の記録
cat'smama
空 色 猫 目 亭
ねこごと
にゃうちゃんのお家
space 彩
Calico
夢工房
Little Guardians
わんにゃんの冠やさん
藤ya
工房 みけ舍
そめがく 絹の夢
猫に腕枕
〜猫とヤモリの青い空団塊世代のおばばと猫の世界〜
patapata:blog
くみくみのMew ♪Muse♪333
こはる日和
青木久美子のWORD'S WORKS
も〜いっしょ♪
猫たちを抱きしめて〜願いはかなう〜
with Mint
UNDER TREES[フラメンコとネコと写真
ごましおちゃんが好き!
季節を感じて
ネコDEベイベー
野郎猫集団「千太組」

カテゴリ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧