ひめとの秘め事&あっぱれ!!アーちゃんず


猫好き、旅好き、趣味大好きなwingcatが綴る和み系ダイアリー
by wingcat630
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

にゃん天使の生い立ち

七年前陶芸をはじめたきっかけ。
実は結婚式でした。

手作りのお皿を互いの親に
そして来賓の方に宴の後ひとつひとつ
「猫天使の箸置き」を配りたいというアイデアから
式の約1年前から陶芸をはじめたのです。

初期の作品はどれも猫というよりみんな犬かきつねかって感じ(笑)
だけどやっぱり愛着があって今も大切にしてます(^^)

結婚式用に作った猫天使第1号です。
聖書の上に指輪をおけるようにしました。
b0058956_12366.jpg


そしてこれがみなさんに配った猫天使箸置き
b0058956_163346.jpg


多めに作って出来の良いものだけ配ったので
家にあるのは試作品。
まあ、出来の良いものといっても似たりよったかなf^^;

あれから七年。
本当にいろんな事を体験した日々でした。
そういう心の変化から
にゃん天使やにゃん女神を誕生させたくなったのかもしれませんね。
「結婚式」の時とはまた違う気持ちだけど
「ぬくもり」というテーマは共通です。

しかし、昔の作品を見るというのも
また新たな気持ちになりますね。
飾りきれなくて 押し入れで眠る巨大!?猫ランプたちも
たまには灯りを灯さなくちゃと思う今日このごろ。
諸事情(要するに失敗作)
猫展には出せない猫ランプ実はいっぱぁ〜いあるんです。

ただ葬るのはあまりにも辛く〜。
かと言ってどなたかに渡せる作品とも言えず。。
こういうのて大作家先生なら
がっしゃ〜ん!!と叩きつけるんだろけど。

いつか、持ち家を建てられたら
モザイクのタイルにしたいなぁなどと
密かに目論んでいます。
いつになることやらですけどね〜。

そろそろ、新しいにゃん天使作りたくなってきました。
こんどはどんな天使が舞い降りるかにゃ。
[PR]
by wingcat630 | 2007-05-29 01:40 | 陶芸

フジコ ふたたび☆

猫だらけ展の興奮もさめやらぬ中、
ちょっと疲れをほぐしに フジコ ヘミング
のソロリサイタル(マチネ)に行ってきました。
猫だらけ展会期中の5月11日が結婚記念日だったのですが
頭からぽっかりそんなことも抜け落ちるくらいの日々だったので
少し遅れた結婚記念日ということに。

前回はオーケストラと一緒だったのでソロは今回が初見参です。
b0058956_16114528.jpg

ところは池袋にある芸術劇場。
b0058956_1611981.jpg

席は三階席のいちば〜ん後ろ。
あ〜。フジコさんが遠い〜。
b0058956_16123979.jpg


これでも半年以上前に予約をいれた席。
昼の公演で、満杯の会場を見るとフジコさんの根強い人気が伺えます。

プログラム

フレデリック・ショパン
ワルツ第9番 変イ長調「別れのワルツ」作品69の1
ワルツ第1番 変ホ長調「華麗なる大ワルツ」作品18
ノクターン 第1番 変ロ短調作品9の1

12のエチュード 作品25
エチュード第1番 変イ長調「エオリアン・ハープ」 作品25の1
エチュード第2番 ヘ短調 作品25の2
エチュード第3番 ヘ長調 作品25の3
エチュード第4番 イ短調 作品25の4
エチュード第5番 ホ短調 作品25の5
エチュード第6番 嬰ト短調 作品25の6
エチュード第7番 嬰ハ短調 作品25の7
エチュード第8番 変ニ長調 作品25の8
エチュード第9番 変ト長調「蝶々」作品25の9
エチュード第10番 ロ短調 作品25の10
エチュード第11番 イ短調「木枯らし」作品25の11
エチュード第12番 ハ短調「大洋」作品25の12

~INTERMISSION~

フランツ・リスト
ため息(3つの演奏会用練習曲)っ作品144の3
いずこへ(シューベルト:歌曲トランスクリプション)作品565の5
愛の夢 第3番 変イ長調 S.541の3
ハンガリー狂詩曲 第2番  嬰ハ短調 作品244の2
ラ・カンパネラ(パガニーニによる第練習曲)作品 141の3

アンコール

ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
ショパン:ノクターン第2番 変ホ長調 作品9の2
ショパン:エチュード 第12番「革命」 ハ短調 作品10の12

たっぷり2時間30分。
休憩もはさみますが、
12のエチュードなんてまったくの休みなしで奏で続けるのに圧巻でした。

私。
クラシックはわからないし、ご存知の通り高尚な人間じゃないし。
っていうか、このプログラムもほぼチンプンカンプン(苦笑)

今回、アンコールまでは淡々と聴いていたのですが
ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」で感情が溢れだしてしまいました。
せつない旋律とやさしく髪を撫でるような優しい音色。
失った大切な存在にむけるメロディ。
はじめて聴いたのですが、グィっと心を掴まれる楽曲でした。
おもわず、この曲が収録されているCDを会場で購入。

雨だれ


アタシが泣き虫なのかなと思ったら。。
幾人かの人もやはりハンカチを握りしめていました。
この人のピアノを聴くと
ある時は心が踊り、それから和み、やっぱり最後は癒されます。
だから人気があるのではと改めて感じました。

なんていうのかな。
ちょっと特殊な言い回しになっちゃいますが
「浄化」っていう感じ。
こういう事書くとうさん臭くなっちゃうから嫌なんですけどね。
でも、音の前では素直になっちゃうって事なのかな。

彼女の書物に紹介された「アルベルト・シュヴァイツアー」の言葉
”人生の艱難辛苦から逃れる道は二つある 音楽と猫である”

正にその通り!
猫好きは猫の前では嘘はつけない。
素直な自分になれる瞬間は癒される瞬間でもあるのでしょうね。

私の場合「音」は仕事と繋がるツールでもあるので
時に素直になれないこともあるのですが
自分の仕事とは違う「音」に触れることで
「心」の軌道修正が出来ているのかもしれません。
因みにうちの旦那さま、
その一文に「絵」がないのは寂しいなぁと申しておりました(笑)


日頃から動物愛護や人道支援を行っているフジコさん。
5/28には動物愛護のためのチャリティコンサートも行う予定です。
このチケットはいつものチケットよりかなりお安いようです。
(2000円〜6000円)
当日券が出るかどうかは定かじゃないのですが
みなさんも一度、フジコさんに触れてみてはいかがでしょうか?

日本アニマルトラスト

[PR]
by wingcat630 | 2007-05-25 17:33 | フジコ・ヘミング

「猫だらけ」な日々〜part2~

あっという間にもう一週間。
祭りのあととでも言うべきでしょうか。

今日は引き続き
ご一緒した作家さんの素敵な作品をご紹介。

透明なもの、クリアなものに私はいつも心を奪われます。
機械彫りではなくひとつひとつが手彫りという
Arjunaさんがガラスに施している技術はちょっと想像を越えた芸術。
Little Guardians


私が人として芸術家として尊敬している
フジコヘミングさんとニャンコちゃんのグラスリッツェン。
b0058956_1111079.jpg


ほら、今にも動き出しそう(笑)
そうそう、こういう場所好きだよね!と思わず呟いちゃいました。
猫を知らなければ作れない世界観。
陶芸とはまた違う温かい風合いのみけ舍さんのにゃんこ達。
工房みけ舍

b0058956_1233381.jpg


愛らしい瞳の子猫のお目目は作者に似ていると想った人は
私だけじゃないはず(^^)
いまいさんの描くニャンコちゃん達は
あどけない表情の子たちがいっぱい。
柔らかい色使いと合わさるとなんとも穏やかな気持ちになりますね。
la peinture

b0058956_1384888.jpg



思わず接写してしまったぐっと上を見据えた瞳。
凛として威風堂々なジルちゃん。
潔い佇まいはやっぱりミケさんに似ています(^^)
そして、あの会場になくてはならなかった50号の大作!!
区民ギャラリーが本格的な空間となりましたね。
ショップ名は私の大好きな小説家の名前と一緒です☆
Calico

b0058956_140524.jpg


さて、オオトリは。。
言わずと知れたmoomamaさんの猫地蔵。
b0058956_201471.jpg

彼女の手から生まれる静かな眼差しのお地蔵様は
時に微笑み、時に諭し、そして癒してくれます。
猫のため、介護人のために尽くして来た本人だからこそ生まれる温かさ。
見送った子たちのための終のベッドもまぁるくあったかぁい風合いです。
夢工房


おまけでひとつ。
二人で受付をしてた時、急に手渡され私を泣かせたプレゼント。
いつも抱き合っていたひことひめの像です。
作者は「顔がまだ納得いかないの。。」と申しておりましたが
この二人の寄り添う姿はひこひめそのものです。
moomamaありがとうございますm(_ _)m
b0058956_2133129.jpg


十猫十色猫だらけ展。
本当に本当に大盛況でした
後に正式な発表があると思いますが、
述べ500人を越える来場だったそうです。
○十年ぶりの電車通勤や昔とった杵柄の
マネキンさんのアルバイト以来の接客も久しぶりで新鮮でした。
身体は疲れてもココロは元気はつらつぅ〜な日々。
昔の友人と久しぶりに逢えミニ同窓会も出来たり
モニター上でしか言葉を交わさなかった色々な人たちと出逢えたり。

ひことひめを見送ってから、
こんなにも笑顔で毎日を過ごせた日は正直なところはじめてです。

ひことひめが我が家に来て、
「老猫を介護する」という共通の出来事を通じて知り合った仲間たち。
その交流からこの「猫だらけ展」は繋がりました。

記念すべき第1回に参加出来た事、
誘って下さったmoomamaさんやご一緒して頂いた作家さん
そして来場して下さった皆様に心から感謝します。

第2回、第3回と参加出来るように
「猫旅社」クルー一同、沈没しないように(笑)日々精進して参ります。

最後にひこちゃん、ひめちゃん。
あなたたちがいなかったら、新しい船出はなかったの。
beeの時もそうだったけど
私達夫婦はいつもにゃんこに助けられているのね。
本当に本当にありがとうね。
[PR]
by wingcat630 | 2007-05-22 02:43 | 陶芸

「猫だらけ」な日々〜part1~

やっと喉の痛みも治まり
あともう一踏ん張りで風邪が抜けてくれると思います。
お気遣いの言葉いろいろありがとうございましたm(_ _)m

すっかり出遅れております作品展の日々。
少しづつ振り返っていきたいと思います。

何もないだだっぴろい会場が
それぞれの作家さんやお手伝いくださった猫友の手で
あっという間に「猫だらけ」になってゆく様はまさに「神業」!
イベント慣れしている方が何人かいるだけで
テキパキと進んでゆくもんなんですよね。
素晴らしかったです。
b0058956_12371336.jpg

b0058956_1246010.jpg


開場まではドキドキが止まらず、すっかり弱気だった私ですが
始まってしまうと「お祭り体質」なもので場の空気にすっかり和み
水を得た魚のようにスイスイと泳ぎ回らせていただきまました。
こう見えても水泳は得意〜(^^)v

それぞれの作品は
モニター上で見ることはあってもやはり実物は迫力が違います。
猫への愛が作品の拘りへと形を変えてあの場所にありました。

どんな作品も素敵でしたが
ここでは私が「欲しい!」と思ったもの紹介しちゃいます!!

海の色のようなクリアなブルーが大好きな私。
この冠はひこがきっと似合っただろうなぁと想いを馳せました。
b0058956_1364362.jpg

私もアクセサリーは作るのですが、
わかにゃんさんのように繊細な作品は到底真似出来ません。
色使いやデザイン力すごく素敵です
わんにゃんの冠やさん


背の高い友人がその作品を覗き込みなんと、お○りの穴を発見!
また違う友人はハガキをを見てホンモノの猫がいると思ったと言っていました。
リアルな描写とフアフア感。
のみさんの作品は細かい丁寧な手仕事のにゃんこたちです。
藤ya

b0058956_13163657.jpg


独特のたれ目と優しい表情の猫ちゃんたちは作者そのもの(笑)
そして、花鳥風月で表す雅な小紅ワールド。
着物という日本文化の象徴と猫の織りなすメルヘンは世界へも羽ばたいています。
ターコイズ色を使って頂きひこちゃんひめちゃん額も頼んじゃいました(^^)V
絹の夢

b0058956_13341413.jpg


ショップはお持ちになっていないのですが
構図の上手さと繊細な作風に抜群のセンスを感じるreiさんの銅版画。
目線が猫ちゃんに近くて「愛」が詰まっていました。
ご本人もこの銅版画同様にとても上品で優しいお人柄です。
じいやさんがクンクンしたくなった芳しさは女性として
沢山見習いたい所がありました(^^)
b0058956_13424535.jpg


と、今日はここまで。
次回もゆっくりご紹介して行きたいと思います〜。

私の写真だけではとてもレポ出来ないので
陶芸仲間の旦那様のお写真も一部使わせて頂いてます〜!
こちらにも沢山猫だらけ展レポありますのでご覧になってみて下さいにゃ〜!

がーちゃんのフォトアルバム

[PR]
by wingcat630 | 2007-05-18 13:48 | 陶芸

ありがとうございました☆

昨日で無事「十猫十色猫だらけ展」終了しました。
来場していただいた方、
ROMで応援して下さっていた方
遠方で見守って下さった方
本当にありがとうございました。

色々とお伝えたい気持ちはいっぱいいっぱぁ〜いあるのですが。。。

今朝目覚めましたら
しっかり風邪をひいてしまった模様です。
まさに、おーばーひーとぉ。

もう、若くないんだにゃ〜。

そんなわけで。
大切な気持ちは大事に大事にお伝えしたいので
万全の態勢を整え復帰しましたら
こちらでまたご報告させてください。

本当に本当にありがとうございました☆
取り急ぎお礼まで。


b0058956_2341469.jpg

[PR]
by wingcat630 | 2007-05-15 23:43 | 陶芸

作品展3日目

b0058956_7353772.jpg


作品展も半ばの3日目
今日は強風に足ドメくらいながらも
沢山の方にお見え頂き感謝です〜☆

全然、余裕がなくレポが出来ない状態ですが
その辺はBBSにお任せして。

あと3日。
今日はどんな人に逢えるのかなぁ。
楽しみ楽しみ。

お待ちしてますぅ。
b0058956_7401756.jpg

いらっしゃぁ〜い(笑)


こっちは、今日の絵付け体験の私のよくばり招き!
b0058956_741159.jpg

[PR]
by wingcat630 | 2007-05-12 07:42 | 陶芸

猫旅社 〜出航〜(仮)(^^;)

愛猫「bee」を見送った1999年より開始した「猫旅」
その旅で感じたことと
長年、猫と暮らした日々を何かカタチに出来ないものかと
夫とアートユニットなるものを結成してみました(*^^*)

本来ならば、この猫展にあわせHP等の準備をするべきですが
まぁ、抜けてるというか、
せっかちのくせにへんなところでのんびり屋。
気ばかり焦り空回り(笑)
そうこうしてるうちにもう明日開催です(苦笑)

ただ、嬉しいことに
十猫十色 猫だらけ展の出展にあたり、
いくつか作品についての問い合わせを頂いたりしました。

悩んだ末、
とりあえず、猫旅社のドアだけ開いてみました。
ただし、本格始動はいつになることやらというのが本音です(^^:)

猫展出品作品については
追々、ブログ等で発表してゆく予定です。

あんな子も('-'*) こんな子も(*'-') どれも私にとっては
オンリーニャンな子達。
沢山の方に見て頂けると嬉しいです。

とはいえHPはいまだ建築中です(苦笑)
ほとんど工事も出来てません。
気長〜にお待ち頂けると幸いです。

最後に、作品についての
問い合わせ等はHPにあるcontactから受け付けておりますので
お気軽にお問い合わせください。

猫旅社

[PR]
by wingcat630 | 2007-05-09 01:55 | アーちゃんず

いよいよ明日から「猫だらけ展」

b0058956_11193989.jpg


今回の猫だらけ展のポスターです(My Husband 作 宣伝しちゃった!)


本日のJ-WAVEの「グットモーニング東京」でも紹介されましたが
いよいよ明日から「十猫十色 猫だらけ展」が始まります。

「WAKU WAKU☆DOKI DOKI」
今の私の心境です。
どんな人に
どんな想いを抱いて頂けるのか。

仕事の時もそうですが、あらゆる創造するとき
そんな想像をします。(笑)


猫を愛する沢山の作家さんと共に
この作品展に参加出来ること感謝して。

かわいい猫たちが皆さんにお逢い出来るのを楽しみしています〜!

b0058956_1126351.jpg

〜ギリシャ ロードス島の猫だらけ〜
[PR]
by wingcat630 | 2007-05-08 11:27 | アーちゃんず

目からウロコの「星の王子様」

主人が作品展で使う用紙を選びに向かった銀座。
ずっと仕事続きで久々に外出した彼のために
MATSUYAで開催されている「星の王子様展」に立ち寄ることに。

〜心でみなくちゃ。ものごとはよく見えないってことさ。
                                               かんじんなことは目にみえないんだよ〜


子供の頃はただの「ものがたり」として読んでいたこの童話。
こんなに深いテーマが鏤められていたんですね。。

昨今のスピリチュアルブームで常々E原さんやM輪さんがおっしゃっていることと
この本が発しているメッセージはどこか共通しているように想いました。

心の原点である童話や絵本は
遥か昔からとても大切な事を教えてくれているんですよね。
やっぱりこの世の中に絵本や童話は必要だと改めて痛感しました。

私はスピリチュアルなことも好きですが
そういったものからだけではなく
こういう良質な童話を何度も読み直せば
ものごとの本質は自然に見えてくるのかもしれません。


展示にはちょっとした仕掛けが所々にありました。

中でも良かったのは
透けてるスクリーンの裏で、ある「もの」を持って歩くと
王子さまが空を飛ぶ時に現れたあの鳥達が登場し
一緒に移動してくれるというマジックです。
手品が好きだったという「サン=テグジュベリ」の展示らしい仕掛け。(^^)
子供がそれをやっている姿はそのまま「星の王子様」で
見ているこちらの心がす〜っと洗われる感じがしました。

本当は旦那様を癒してあげようと、
おつきあいで行ったこの「星の王子様展」で
すっかり私が「救われ」て「癒され」てしまいました☆

開催は5/7まで。
新丸ビルで物欲に溺れるのちょっと休んで(笑)
たまには大人もココロの洗濯してみるのもいいかもしれません。

b0058956_0582595.jpg


追記。
ユーロになるまえのフランスフラン。
この「星の王子様」のお札だったんです。
かわいかったのに、使い切ってしまって手元にないのが残念(;;)
その頃は物欲優先だったのですねぇ。アタシ。。。
[PR]
by wingcat630 | 2007-05-03 01:12 | nekoroji sanpo
おしらせ
福島から人間家族を探しにやってきました!
かわいく、元気な福島っこ!
よろしくお願いします。

b0058956_21242664.jpg




b0058956_5483634.jpg

十猫十色チャリティ猫だらけ展開催のお知らせ

期間
2011年11月18日(金)〜11月20日

時間
18日(金)午後2時〜7時
19日(土)午後11時〜7時
20日(日)午後11時〜6時半

場所
零∞(ゼロハチ)
中央区銀座2−2−18 西欧ビル8F


十猫十色チャリティ猫だらけ展HP

福島から人間家族を探しにやってきました
かわいく、元気な福島っこ!
よろしくお願いします。



東北地震犬猫レスキュー.com




b0058956_10183970.jpg


b0058956_10211947.jpg










クリックで救える命がある。

いつでも里親募集中


b0058956_024126.gif

第3回十猫十色猫だらけ展
開催のお知らせ

2010年11月3日〜7日まで
目黒「やさしい予感」にて
開催します。

十猫十色猫だらけ展HP



猫友ブログ
ショップリスト

老猫介護…むーちゃんの場合
まみむめ…も
水頭症の猫、桃の記録
cat'smama
空 色 猫 目 亭
ねこごと
にゃうちゃんのお家
space 彩
Calico
夢工房
Little Guardians
わんにゃんの冠やさん
藤ya
工房 みけ舍
そめがく 絹の夢
猫に腕枕
〜猫とヤモリの青い空団塊世代のおばばと猫の世界〜
patapata:blog
くみくみのMew ♪Muse♪333
こはる日和
青木久美子のWORD'S WORKS
も〜いっしょ♪
猫たちを抱きしめて〜願いはかなう〜
with Mint
UNDER TREES[フラメンコとネコと写真
ごましおちゃんが好き!
季節を感じて
ネコDEベイベー
野郎猫集団「千太組」

カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧